\  無料体験 受付中! /


\ これまでの導入実績からお伝え/


「PCA Hub 取引明細」を最大限活用できる
おすすめPCA製品組み合わせ2選!!

 

KV_seikyudejital_01
デジタル化で業務効率化できるのは
PCA商魂シリーズ×『PCA Hub 取引明細』!!
KV_seikyudejital_01

イラストで分かるデジタル化の仕組み

請求業務
まずは、始めやすくて効果の高い毎月の請求書の電子配信がおすすめです

業務効率化ができるサービス組み合わせ例

【その 1 】安価で楽に請求書配信、さらにクラウドで安全・快適に!

「PCAクラウド 商魂・商管」はPCAが契約する外部サーバー上で安全に月額利用できるクラウドサービスです。
社内の複数拠点間で簡単に同時アクセスで利用できます。

レプリケーション(バックアップ複製)にも対応した強固なセキュリティ体制でデータを安全に守ります。バックアップデータは全て外部に保存してBCP対策に備えつつ、これからテレワークを実現したい場合にもおすすめです。安全な外部サーバー上で、1ライセンスから気軽に始められます。

『 PCA Hub 取引明細 』× PCAクラウド 商魂

 組み合わせによって得られるメリット

 
 ・取引先の意向にそった形式の請求書配布を、毎月ミスなくデジタルで完結できる

 ・紙の請求書送付にかかっていた資材費がかからなくなり、保管コストや時間の削減に大きな期待ができる

 ・急な人員調整が必要な場合に、ライセンス数を柔軟に変更できる

 ・請求管理側のシステムをクラウド化することで、BCP対策や貴重な人材確保、リモートワークの恩恵が受けられる

 ・さらなるデジタル化や効率化に向けて、独自の業種にフィットした他社のクラウドサービスとの連携が容易になる

 月額利用価格(税込)

PCA Hub 取引明細
 プラン100 (月次発行上限:100件まで)

PCAクラウド 商魂 on AWS
 
1・2ユーザー 

¥8,800

¥13,860

 

月額たったの22,660円~(税込)で
年間で約14万円以上の経費削減が期待できる!!

無料体験 受付中!
PCAクラウド商魂を体験してみる

【その 2 】安価で楽に請求書配信、バックアップデータは自社管理したい

「PCAサブスク 商魂」はオンプレミス環境で運用いただける月額サービスです。
自社構築のサーバークライアント環境下で複数台のPC間で利用したり、1台限定運用のスタンドアロン環境で利用できます。
請求管理データ側のバックアップ先は自社管理となります。

『 PCA Hub 取引明細 』× PCAサブスク 商魂

 組み合わせによって得られるメリット

 
 ・取引先の意向にそった形式の請求書配布を、毎月ミスなくデジタルで完結できる

 ・紙の請求書送付にかかっていた資材費がかからなくなり、保管コストや時間の削減に大きな期待ができる

 ・バックアップデータの管理や保存を自社で行う必要がある場合に対応できる

 ・「PCAクラウド」にかかる出費より安価で済み、毎月固定料金で利用できる

 ・「PCAサブスク」でのソフトの複数契約で使い放題になるお得な料金設定(「PCAサブスクコンプリート」プラン)がある

 月額利用価格(税込)

PCA Hub 取引明細
 プラン100 (月間発行上限:100件まで)

PCAサブスク 商魂 dx
 
1CAL 

¥8,800

¥4,950

 

※2024年2月1日以降の新規契約申込分(3月課金開始)より、PCAサブスク 商魂 dxの料金が上記価格へ変更となります。

月額たったの13,750円~(税込)で
年間で約14万円以上の経費削減が期待できる!!

無料体験 受付中!
Point

このような方におすすめです!

現在、デジタル化を目的とした請求管理システムの入れ替えをご検討中の方、以下のPCAの従来の買取型パッケージシリーズをご利用中の方。


対象製品
・PCA商魂・商管DX システムA
・PCA商魂・商管DX システムB
・PCA商魂・商管DX EasyNetwork
・PCA商魂・商管DX with SQL シリーズ

PCA Hub 取引明細 プラン詳細はこちら
プラン詳細・価格を見る
Point

電子請求書導入時の注意点とは?

多くのメリットがある電子請求書ですが、きちんと体制を整えないまま導入を強行してしまうと、思わぬトラブルに見舞われる可能性があるかもしれません。請求書を発行する受注側が電子請求書に移行したくても、発注側の取引先が対応していない可能性もあります。請求書は取引先に対して発行するものですから、独断で進めるわけにはいきません。事前に取引先に確認を取ることや案内文を送ったりすることで、丁寧な事前フォローをしましょう。

始める前に押えておきたい4つのポイント

請求書を電子化するうえで、考慮しておくべきポイントを紹介します。

①スムーズな配信ができるよう、取引先への事前案内が必要
②取引先が希望する形式(紙・電子)で請求書をシームレスに配信、対応できるか
③発行した電子請求書のデータ保存をどうするか?(電子帳簿保存法の要件を満たす形での保存が必要です)
④電帳法対応を前提にした社内体制の構築・整備

『 PCA Hub 取引明細 』とPCA 商魂・商管シリーズを組み合わせると、①~②のポイントが簡単にクリアでき、毎月スムーズに遂行できます。③は電帳法の改正に伴い、データとして保存しなければいけなくなりますが、PCAの電帳法に対応した証憑電子保管サービスの『PCA Hub eDOC』を組み合わせると電子請求書の発行と同時に保存ができます。

※詳細イメージはこちら


④では、制度改正に対応したシステム導入には手間や時間がかかりますが、従来の請求業務フローの見直しや、実務社員への研修などを行うことで、移行しやすくなります。今後、Peppolなどの普及により、ますます電子化が浸透してくることから、今のうちに対応可能なシステムの導入がおすすめです。

発行のタイミングは即時発行もしくはスケジュール配信から選べ、余った件数分は翌月繰り越し(※)も可能!
PCAなら、1件あたり¥88から電子配信が可能です。毎月の配布をたったのワンクリックにしていきませんか?

※月額契約のプランのみ可能です。

makasensyai_translip
実演動画で
わかりやすく

実演販売士のまかせんしゃい井上さんが『 PCA Hub 取引明細 』をご紹介

請求書の電子配信でコストや作業時間の削減をする『 PCA Hub 取引明細 』を、実演販売士のまかせんしゃい井上さんが、軽快なテンポでご紹介。次のページでそのまま視聴できます。。

サービスや価格をもっと詳しく知りたい方

関連資料をまとめてダウンロードする >

 

 

『 PCA Hub 取引明細 』コスト削減シミュレーション

自社情報でコスト削減シミュレーション
シミュレーションしてみる
『PCA Hub 取引明細』の詳細デモをご希望の方
オンライン個別相談会に参加する 

経験豊富なPCAスタッフがサポートします!まずは相談ください。

お問い合わせ >